お尻ニキビの原因

お尻ニキビの原因

お尻ニキビができる原因はなんでしょうか?

 

ニキビができるのは顔やお尻だけではありません

 

ニキビは体の皮脂腺があるところにはどこでもできてしまうことがあります。

 

特にできやすいのは顔やあご、背中やお尻などですね。

 

ニキビは主に毛穴が過剰な皮脂分泌で詰まってしまいおこります。

 

皮脂で詰まった毛穴でアクネ菌が増殖し、炎症を起こすわけです。
これがニキビ。

 

 

皮脂分泌が多いところは要注意

 

お尻は背中ほどではありませんが、皮脂分泌が多い部位です。

 

しかもお尻は下着で蒸れやすく、常に下着と衣服で擦れていて強い刺激を受けています。

 

座っているときの体重はそのほとんどを腰と背中で支えています。
とくに座る姿勢の悪い人は腰に負担がかかるだけでなく、お尻にも負担がかかってしまいます。

 

すると肌表面の角質が厚くなり、皮膚が毛穴を塞ぎやすくなってしまいます。

 

これがアクネ菌の温床になってしまい、お尻ニキビができやすくなってしまうのです。

 

 

お尻はニキビのできやすい条件がそろっています。

 

清潔に保つだけでなく、しっかりとケアすることが大切ですね。

 

<< TOPでまとめをみる  |  お尻ニキビって? >>